徒然:滋賀

ひこにゃんに会いたかったので、彦根城に行って来ました。

彦根城は3月21日~11月25日までの間、
築城400年際を開催中で、
入場料が通常期間500円のところ、
なんと!






1000円でしたっ!

Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

……と思いつつも、ここまで来てしまったので入場しました。


色々と見て回ったのですが、彦根城の本丸が凄かったです。

何が凄いかと言うと。

靴を脱いで廊下を歩くと階段に差し掛かるのですが、
ここでは、はしごのことを
階段と呼ぶんだろうか?( ̄ー ̄;

と思ってしまうほどの急勾配。

もし登っている途中で後ろへ倒れたとしたら、途中の段には
一切触れずに直接1階下まで落ちていきそうな按配でした。

なおかつ足の置き場も狭く、膝を何度か段にぶつけながら、
手すりをしっかり持って登っていった次第です。

ここまで急な階段を見たのは生まれて初めてだと思います。

観光客の中にはお年を召した方もいましたし、
子供を抱えている父親の姿もありました。

みんな色々言いながらも、この物騒な階段を上り下りしていました。


本丸を後にして、しばらく歩いた場所で撮った写真です。
玄宮園という庭園から撮ったものです。
b0062478_1302742.jpg
控えめの大きさで彦根城が写ってます。


琵琶湖大橋を渡って来たり、比叡山の山頂に登ったり、
彦根城に行ってみたり、最近滋賀へ行くことが多くなってます。

最近は長距離は全部僕だけで運転しているので、
免許取り立ての最初の頃よりは運転に慣れてきたと思います。

奥さんに言わせると、まだ時々危ない時がある、とのことで
完全に安心して貰えるためにはまだまだ修行せねば、
といったところです。


そうそう。

肝心のひこにゃんには会えませんでした。

どうやら別料金を払わないと入られない場所に出現していたみたいです。
残念(/ー ̄;)


(TYakk)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by dincb_temproll | 2007-07-08 01:56 |  ■徒然

<< 徒然:新婚旅行のおみやげを食す 徒然:謎の言葉 >>