徒然 : 帰国しました

土曜日に帰国しました。



さて。

今回は出国時に若干トラブルがありました。

人身事故のため、京都~関空の間で動いている特急はるか号が遅れて出発。
出発後もダイヤの乱れが激しく、空港到着は1時間半ほど遅れました。

ただし、僕は国際線の飛行機に乗るときには、大抵3時間前には空港に
到着するように行動しているため、これでも間に合いました。

(うちの会社のメンバーで、国際線に乗るにも関わらず、いつも1時間前に
 ならないと空港に来ない人もいるので、その人がこういう場面に遭遇したら
 完全にアウトですね)





帰国時も若干トラブルがありました。

特急はるか号で関空~京都への戻りの最中、徐々にスピードを落としていくと
思ったら、しまいには停車しました。

アナウスによると、線路内に子供が侵入して何かやってたらしいです。

それで、安全確認のために1駅分の線路上を確認し、確認が終了したのが20分後。

それと前後するように、別の場所で人身事故発生。

乗っていた特急には影響なかったのですが、それ以降のものに遅れが
発生したみたいです。



えーっと……。

あれですよ。

つ[過去の日記参照して下さい]
2005年 09月 29日
徒然 : 相変わらず鉄道事故減らないですね


線路に侵入して、まさか置き石でもやるつもりだったんですかね。

(もし本当に置き石で、そして脱線してしまっていたとしたら、その電車に乗っているのは
 僕自身だったわけなのですが……)

過去の日記でも書いたように、刑法上、置き石など運行を妨げる行為で電車が
脱線して死者が1人でも出たら、無期懲役か死刑しか選択肢がないのですが、
未成年なので死刑は免れます。

そもそも、18歳未満は死刑にならない制度はちょっと今の社会には適合してないですね。
それを逆手に、未成年のうちに重大犯罪を犯す人物も出る確率は非常に高いですし。

ともかく、脱線しなくても、「未遂」は適用されますので、子供のうちに前科持ちですか。
ご苦労様なことです。



別の問題。

置き石でもなんでもなく、単に線路内に侵入しただけとします。

ただし、これによって電車が20分遅れたのは紛れもない事実です。

20分遅れた分の損失は、「加害者」に損害賠償として請求されるはずですが、
相手は子供なので親にされるでしょう。

さて、その額が3桁で済むのかと言ったら流石にそれはないかと思います。

特急はもちろん、あそこはかなりの電車が通過するポイントですので。

間違いなく親は多大な借金を背負うことになるでしょうね。



厳しい言い方をすると、子供だから知らなかった、というのは陳腐な言い訳です。
その程度で言い逃れして欲しくありませんね。

それでは、知らなかったら殺人を犯してもいいことになりますから。

(by TYakk)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by dincb_temproll | 2006-04-09 18:08 |  ■徒然

<< 徒然 : えくせる 徒然 : 韓国出張(もう何度目... >>