徒然:生後1ヶ月経ちました

本日、娘が1ヶ月検診を終えました。

今まで沐浴だったのですが、大人と一緒の湯船に入れても
良いことになったので、早速入れてみました。

赤ちゃんは軽いですね。
片手で首と頭を支えて、もう片方の手を離してもプカプカ浮きます。

これでお風呂に入れるのが随分楽になりました。
余裕が出来てきたら、お湯の中で何か遊べるかも。



さて、数日前に保健婦さんが新生児訪問に来てくれて
色々アドバイスを貰いました。

それまでぐずる赤ちゃんに手こずっていた僕たちには凄く勉強になり、
役に立つアドバイスでした。

※対象が新生児なので、首がすわった頃には適用しないかも知れません。




産院やたまごくらぶ*等では知ることが出来なかった
“あやすための抱き方”を教わり、それを知ってから
あやすのも随分楽になりました。

全ての産院がどうかはわからないのですが、
産院で教わったのは普通の横抱きの方法でした。
(赤ちゃんの頭を片方の腕の肘~二の腕あたりに乗せて、
 その手を赤ちゃんの背中にまわし、
 逆の手を赤ちゃんのお尻の方からまわしてきて
 背中を支える方法)

ですが、実際、この抱き方だと、ぐずるとなかなか治まりません。

保健婦さんに教えて貰った方法はちょっと違っていました。

両腕で浮き輪のようにわっかを作って、その上に
赤ちゃんを乗せます。

赤ちゃんの頭が一方の腕の上に、そしてもう一方の
腕の上には赤ちゃんのお尻や腰ではなく、ひざの裏を乗せます。

こうすると、赤ちゃんのお尻や腰を支えるものが
一切ないので、背中が下へ落ち込んで来ます。
落ち込んできた背中を軽くへそ辺りで支えてやります。

ポイントは、腕は赤ちゃんの背中やお尻に一切触れないこと。

赤ちゃんは産まれる前は子宮にいます。
子宮で育って、その中で神経やら血管やら色々発達させます。
その育っている時の姿勢は、背中を丸めた格好です。
両脚は折り曲げて、お尻よりも常に高い位置にあります。
この姿勢で、一番血流が良くなるように体が作られています。

なので、産まれてからも、この姿勢に近い方が赤ちゃんに
とっては精神的にも肉体的にも楽なわけで、教えて貰った
抱き方というのがこの姿勢に近いわけです。

反対に、背筋を伸ばす姿勢は赤ちゃんにとって負担この上ない訳です。

この抱き方をすると、ぐずっていようが、多少おむつの
中がおしっこで濡れて泣いていようが、大人しくなることが
多いです。

この抱き方をした上で、その辺を歩き回ったり、揺らしたりしてあげると
さらに効果大です。

あっというまに泣き止ませ、ぐずっているのを治める効果がある一方、
デメリットもあります。

抱く側は、ちょっと背を逸らさないといけないので、腰に負担がかかることと、
いざとなれば片手をフリーに出来る普通の横抱きと違って、両手とも
塞がってしまうことです。

奥さんは妊娠と出産の過程で腰の方を痛めてるので、
無意識に腰を庇うせいか、この抱き方がちょっと苦手のようです。
まずは腰の治療から、です。



あと1つ教わったのが、バスタオルを使った寝かせ方。

授乳用の腰をスッポリ囲むタイプのクッションにもなる抱き枕を、
ゴムなどで少し小さめのわっかにして、その上にバスタオルを置き、
そこへ赤ちゃんを乗せてくるんでいく訳ですが、その時、赤ちゃんの
背中が丸まるようにバスタオルの上に乗せるのと、足をなるべく
体の方へ折り曲げておくのがポイント。

くるみ方は図解の準備がないので割愛しますが、うまくくるめると
バスタオルを子宮に見立てて、その中にいるような格好になります。

バスタオルの中に熱が篭もるおかげで、赤ちゃんは自分自身の体温で
暖かくなります。
少し厚めのタオルを使用すれば、この冬場でも暖房を切っても良いほど
暖かくなるみたいです。
(大人の方は寒いので厚着しないとダメになりますが)

このバスタオルでくるむ方法の効果は他にもあります。

赤ちゃんは産まれる前、子宮の中で手足をバタバタさせる訳ですが、
子宮の壁があるせいで、そこまで自由に動かせる訳ではありません。
その環境で産まれるまで育つので、反対にそれで安心しています。

ですが、産まれた途端、手足が自由になります。

赤ちゃんは産まれた後も、子宮の中にいた時のように反射的に手足を
バタバタさせてしまいますが、今度は阻むものがなく、赤ちゃん自身の
予想に反するくらい激しく動いてしまって、それに驚いてしまって
泣いてしまうそうです。

産まれたばかりの赤ちゃんにとって、自由に動ける、という感覚が
実は怖いようです。

バスタオルは子宮の壁の役割も果たして、手足が必要以上に自由に
動くのを防ぎます。

結果、赤ちゃんは安心できて寝ることが出来るわけです。

少しぐずるようならば、タオルの上からそっと赤ちゃんの足を包む
ように押さえてあげると機嫌を戻してくれます。

ここに上げた抱き方と、バスタオルのくるみ方は、両方とも赤ちゃんの
血流を改善することに繋がるので、チアノーゼの解消にも役立ちます。



2つとも「そんなのとっくに知ってるよ~」という人の方が多いかも
知れませんが、僕たちにとってはとても勉強になり、助かりました。

他にも色々とためになるアドバイスをして下さった保健婦さんには
本当に感謝です。

(by TYakk)



(2009/1/13 追伸)

年が明けるとこの方法でも泣き止まなかったりグズッたりして
奥さん寝不足でピンチです(><;)
どうも、いつもやってると、やり方に慣れてくるのか、
いつものやり方に満足しなくなっていくような……。



(2009/2/13 追伸)

抱き方に関しては、ひよこくらぶに同じような抱き方が書いてました。

あと、ミルク与えても抱っこしてもおむつ替えても……
日増しに何をしても泣き止まない、ということが多くなってきました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by dincb_temproll | 2008-12-25 23:00 |  ■徒然

<< 徒然:花粉症とわが娘 徒然:産まれた娘のこと >>